簡単な水漏れ修理なら自分でもできる~点検と対処の方法~

トイレ水漏れのほとんどの原因は経年劣化!自分で行なう修理方法

水漏れ原因は経年劣化にあり!DIYに慣れているなら交換も簡単です

機械いじりが好きな人の場合、こだわりの道具やパーツにお金をかけます。そのため趣味以外の出費は、なるべく抑えたいと思うものです。トイレの水漏れが発生したら、まずは自分で修理をしてみると良いでしょう。

交換頻度の高い場所~交換技術を身に付けると安上がりに!~

トイレには、経年劣化するパーツが多く使用されています。そのためか、トイレの水漏れの原因は、ほとんどが経年劣化と言われています。経年劣化しやすいパーツの1つとして、フロートバルブがあります。フロートバルブは、ゴム製でいつも水中にあるので、劣化消耗が最も多いパーツです。他にも、オーバーフローなどのプラスチック製の部品も経年劣化することがあります。経年劣化する度に、業者に依頼をすると費用がかさんでしまいますが、自分で交換すれば費用を抑えることができます。交換が簡単にできるパーツなら、自分で行なうと良いでしょう。

壊れている場所を突き止めろ!~水漏れはまずここを確認~

水漏れの原因を突き止めるためには、タンクの水位を調べるのが一般的です。水位がオーバーフロー管と比べて高いのか、低いのかなどによって水漏れの原因は異なります。

タンクのふたを外しましょう

タンクのふたには、持ち上げるだけで外れるタイプと、外れないタイプがあります。持ち上げるだけで外れないタイプの場合は、手洗金具とボールタップがじゃばら管で接続されているので、じゃばら管に接続しているナットを手で回す必要があります。ナットは、手で反時計まわりに回すだけで外れます。

タンク内の水がオーバーフロー管より上にあるなら

タンク内の水が、オーバーフロー管より上に来ていて、水がオーバーフローしているならボールタップが故障しています。ここでは浮玉とボールタップの点検方法と、症状別の対策について紹介します。

浮玉を点検する
浮玉が引っかかって下がっている状態になっている場合は、正しく上下するように引っかかりを直しましょう。また、アームが曲がっていることもあるので、曲がっていたら新しいものに取り替えたほうが良いです。浮玉が外れている、中に水が入って下がっている、という時は正しい位置に取り付け直したり新しいものに取り替えたりしましょう。
ボールタップを点検する
ボールタップ弁に異物や水垢が挟まっている場合は、異物や水垢を取り除くだけで大丈夫です。ボールタップ内のパッキンが傷んでいたり、ボールタップ本体が傷んでいたりしているなら、パッキンやボールタップを新しいものに取り替えましょう。

タンクの水がオーバーフロー管よりも下にあるなら

タンクの水がオーバーフロー管よりも下にある場合に、水漏れしているならフロートバルブの故障が考えられます。また、浮玉を持ち上げた際にボールタップからの水が止まるなら、ボールタップは正常に動いています。水が止まらなければ、ボールタップも故障していることが確認できます。

ハンドルを点検する
ハンドルを前後または左右に動かした際に、元に位置に戻らなければ、ハンドルの交換が必要になります。点検する際は、トイレの床が濡れるのを防ぐために、ビニールシートやゴム手袋を活用したほうが良いです。
異物の挟まりやずれがないか確認する
ハンドルに問題がないなら、タンク内のフロートゴム玉やフラッパー弁を確認しましょう。鎖が絡まって、フロートゴム玉やフラッパー弁が浮いている状態なら、絡まりを解消して浮きを直しましょう。フローゴム玉に異物が引っかかっているケースもあります。そういう場合は、異物を取り除いてあげましょう。
経年劣化が見られるなら交換する
オーバーフロー管や排水弁、ゴムフロートなどが経年劣化で破損していることがあります。オーバーフロー管や排水弁が経年劣化すると、亀裂などが入るので、新しいものに取り替えましょう。ゴムフロートは、触った時に手が黒くなると経年劣化している証拠なので、新しいものに取り替えたほうが良いです。

DIYじゃ手に負えないこともある…

作業服の男性

パーツを交換するだけの簡単な水漏れ修理なら、DIYで行なうこともできますが、故障の内容によってはDIYでは難しいパターンもあります。ここでは、業者が教えてくれるDIYが難しいパターンについて紹介します。

業者が語るDIYが難しいパターン

床からの水漏れは原因によって難易度が変わります(水道業者)

トイレの床が濡れる原因は、主に3つあります。1つ目は、タンクや便器などに衝撃が加わったことでヒビ。2つ目は、給水パイピなどの破損。3つ目は、便器と排水管の接続部分が不具合です。1つ目と2つ目は、修理が難しいので業者に依頼するのが妥当です。3つ目は、フランジパテという部分の劣化を補償すれば良いだけなので、自分で直すことも可能です。

便器のヒビをDIYで修理するのは困難です(水道業者)

便器からの水漏れの原因は、ほとんどがヒビや結露です。タンクと便器の結合部の水漏れなら、パッキンを交換するだけで直ります。しかしヒビは、自分で修理するのは難しいので、早めの交換をオススメします。ヒビが入った状態で使用し続けると、ヒビが大きくなってしまうこともあるので注意しましょう。

ウォシュレットをDIYで修理するのは避けましょう(水道業者)

ウォシュレットからの水漏れは、単純に水漏れしているのではなく、機械が故障している可能性も十分に考えられます。機械の故障の場合、単純な水漏れと思って、DIYで修理しようとしても時間を浪費するだけで意味がありません。ウォシュレットは精密機器が使用されているので、一般的なトイレの水漏れ修理よりも気をつけなければなりません。修理が難しいだけではなく、漏電する危険性もあります。DIYが被害を大きくしてしまうこともあるので、気をつけましょう。

DIYが難しいと感じたら業者へ依頼しよう

DIYでトイレの水漏れを修理することが困難だと感じたら、プロに任せるのが一番安全です。下記サイトでは、自分で対処できなかったトイレトラブルを解決してくれる業者が見つかるおすすめサイトです。無理に修理をして壊してしまう前に、下記サイトで頼れる業者をピックアップしておきましょう。

TOPボタン