簡単な水漏れ修理なら自分でもできる~点検と対処の方法~

トイレ水漏れすぐに解消!オーバーフロー管とゴムフロートの交換方法

オーバーフロー管を交換しよう!

オーバーフロー管の交換手順を知っていれば、自分でも安全に交換できるようになります。

オーバーフロー管の役割

オーバーフロー管は、タンク内が故障して、給水が止まらなくなって場合に余分な水を便器に流してタンクの外に水が溢れるのを防ぐ役割を果たしています。水が便器にちょろちょろと流れ続けているなら、オーバーフロー管から水が流れ続けている可能性があります。

交換する前にここを確認

フロートバルブ部の排水パイプには、寸法が何種類かあるので、交換する前に使えるものを確認しておきましょう。寸法を確認するのも良いですし、どれにでも使える種類を選ぶのも良いでしょう。

交換する手順

止水栓を閉める

マイナスドライバーを使って、止水栓を閉めたら、ロータンクのふたを外します。手洗い管が袋ナットで接続しているなら、袋ナットを反時計まわりに外し、ゴムが差し込まれているだけなら、ゴムを外します。ロータンク内の水を抜き、レバーに残っている水は拭き取ります。ロータンクに接続している給水管の袋ナットを外し、底にある2本のボルトのナットもモンキーで外します。ロータンクは衝撃を与えると、壊れてしまう可能性があるので、バスタオルなどで養生して作業すると良いでしょう。

経年劣化したオーバーフロー管を交換する

レバーに繋がっているフロート弁のチェーンを外したら、タンクの底の裏側にあるナットを確認します。メーカーによってナットの形や素材が違っていて、金属製の場合もあれば、プラスチック製の場合もあります。基本的にモーターレンチを使えば、外せますが、サイズが大きく角が無いカスカディーナのタイプはモーターレンチでは外せません。ですので、パイプレンチを使って外すと良いでしょう。

新しいオーバーフロー管を取り付ける

新しいオーバーフロー管を取り付ける際は、オーバーフローの筒の部分がボールタップの浮玉に当たらないような位置で、取り付けるようにします。そして、外した時と反対の手順でナットを閉めていきます。

水量を調節する

水量を調節する際は、まず止水栓を少し開き、水位がオーバーフロー管より1センチ以上上昇しないように止水栓を調節します。そして、タンク内の水位が正常かどうか確認したら、タンクのふたを閉めます。ロータンクは、元通りに便器を取り付けるだけで良いですが、左右のナットを最初にしっかり閉めてしまうとボールタップと給水管にずれが生じて袋ナットが回らくなることがあります。ですから左右のナットと給水管の袋ナットの3点を、ずれないようにバランス良く閉めます。全て取り付けが終わったら、止水栓を開いて、水漏れしていない確認して作業終了です。

ゴムフロートの交換も簡単にできます!

ここではゴムフロートの交換について説明します。手順をしっかり確認した上で、作業を進めましょう。

ゴムフロートの役割

水漏れ

ゴムフロートは、トイレタンク内にある水を、便器に流れないように止めているものです。ゴムフロートが劣化していると、トイレタンクに水が便器に流れてしまいます。そのためゴムフロートを交換して、便器への水漏れを解消する必要があります。

交換する前にここを確認

ゴムフロートは、トイレのメーカーによって形が異なっていて、大別するとT型とI型の2タイプに分けられます。現在使用しているトイレのゴムフロートは、どのタイプか確認しておきましょう。 また、同じメーカーであってもタンクの種類によって、ゴムフロートの種類も変わる場合があるのでよく確認しておいたほうが良いです。

交換する手順

止水栓を閉める

止水栓を閉めて、水を止め、タンクの中にある水を抜きます。止水栓を閉める時には、マイナスドライバーを使用しますが、電気式のマイナスドライバーは使わないほうが良いです。力が強いため、止水栓が壊れる可能性があるからです。手回し式のマイナスドライバーなら、自分の力の入れ加減で調整できるので、壊すことはありません。

経年劣化したゴムフロートを外す

経年劣化したゴムフロートを取るために、チェーンとオーバーフロー管の接続点を外します。この2ヶ所を外すことで、ゴムフロートが取れます。先にチェーンを外したほうが作業しやすくなるので、チェーンを外します。チェーンは、溝に引っかかっているだけなので、すぐに外せます。チェーンを外したら、オーバーフロー管の接続を外し、経年劣化したゴムフロートを外します。

新しいゴムフロートを取り付ける

新しいゴムフロートを取り付ける前に、まずはオーバーフロー管を綺麗にします。たわしを使えば、簡単に水垢や汚れを落とすことができます。オーバーフロー管が清潔になれば、トイレタンク内の清潔も維持できます。清掃が終わったら、新しいゴムフロートを取り付けます。取り付ける際は、先にオーバーフロー管を取り付け、その次にチェーというように取り外した順番の反対の順番で取り付けます。

チェーンを調整する

チェーンをレバーにかける時には、長さを調節することが重要なポイントになります。チェーンの長さを調節することで、トイレに流す水量を調節できます。チェーンを短めにすると、ゴムフロートの開きは大きくなるので、流れる水量も多くなります。逆にチェーンを長めにすれば、ゴムフロートの開きは小さくなり、水量が小さくなります。安全にトイレを使うためにも、水量は多すぎても少なすぎるのも良くありません。最適な水量が流れるように、チェーンの長さを調節しましょう。

プラスチックでできたフロートバルブの場合

プラスチック製のフロートバルブの場合は、パッキンを交換すると良いです。排水弁の裏側にある特殊なパッキンが経年劣化すると、水が便器に流れ続けるようになります。そのためパッキンの交換が必要になります。 排水弁のフックの両側を指でつまんで上に持ち上げて、外します。小側と大側の両方を外すことができ、両方裏側にパッキンが付けられています。このパッキンを交換してあげるだけで大丈夫です。

ゴムフロートの交換時期

便器に水がちょろちょろと流れるようになったら、フロートバルブが経年劣化しているので交換が必要です。 フロートバルブは、新築のトイレでも、7年~8年程度で経年劣化するとことがあります。 交換の目安としては、フロートバルブを手で触った時に手が黒くなる場合です。手が黒くなるなら、水漏れしていなくても交換したほうが良いです。

TOPボタン